アッガイMSM-04【HGUC078】(一部塗装)【悲劇は突然に】

2007年発売。発売と同時期に作製。

機動戦士ガンダムにでてきた水陸両用MS。ジャブロー攻撃の時に出てきて、天井にクローを差して移動していたのが印象的でした。見た目が妙にチャーミングなので、ズゴッグやゴッグよりも人気が高いとかなんとか・・・

アッガイ=体育座り的なイメージがありますが、あれはアニメで、カツ達が頭の上を歩いてるときにしゃがんでた格好がそういう感じでしたか。残念ながらHGUCではその格好はできませんでした。

合わせ目消しとか全塗装という技術も道具もない頃なので、サッとくみ上げて一部をガンダムマーカーで塗って完成しました。

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,100 (2024/01/28 20:25時点 | Amazon調べ)
目次

PHOTO

ちょっと幼児体系?それも人気の一つかも。

首の部分が上に少し引き出せます。頭がちょっと取れやすかったです。

バーニア部分をガンダムマーカーで塗装。写真だとあまりわからない。ランドセルも塗ったかな。

クローは閉じた状態と、開いた状態に可動できます。

クロー部分は差し替えて、収納状態も再現可能です。そして悲劇が…

腕の付け根部分が折れました😢
アッガイの腕は伸びる設定なので、それをパーツをつけて再現するのですが、そのパーツをつけるために腕を外そうとしたら折れました。

この部分なぜか無茶苦茶かたくなってしまっていて、力業で行こうとしたらこの結果です。

両腕とも硬すぎておってしまいました。昔ははずれたんですが、時間が経ったせいなのか、前につけたときに奥にはめ込みすぎたのか・・・ちなみに折れた部分はABS樹脂でした。

このパーツをつけて伸びている状態にする予定でした。残念。

両腕無いのが痛々しい・・・心なしかアッガイの表情も悲しそう・・・すまぬ。

膝はここまで曲がります。が、ももの付け根の可動が悪いので、例の格好はできません。MGだとできるんですけどね。

頭はパーツを外すと、モノアイを動かすことができます。

頭がでかいですが、安定感はそれなりにあります。

総評

このキット作って最初に感じたのが、結構重量感があるという事でした。その重量感のおかげか、謎の満足感が得られます。

以前に作ったゴッグは持った感じで、軽くて中身がスカスカしてる感が満載ですが、アッガイは中身が詰っているようなズッシリ感があります。ゴッグからはだいぶ時間が経っているし、値段も当然違いますが、何となくお得な感じがしました。

このアッガイのキットはその後も色々なバリエーションで発売されています。こんなのもどうでしょうか。

合わせ目箇所は、

  1. 胴体部分。
  2. 脚の関節部分
  3. 足首部分

このくらいでしょうか。

僕は今回撮影中に腕が折れてしまいましたが、組み立てた当時は取り外しはできていたので、さすがに作ってすぐに折れることはないとは思います。もし気になる場合は少しヤスっておくといいかもしれません。

改めてみるとジオンの水陸両用MSはかなり独特のスタイルしてますよね。最近のスタイリッシュなMSに飽きてきたら作ってみると新鮮かもしれませんよ。

それでは、また。

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,100 (2024/01/28 20:25時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次